無料で独自ドメインのメールを使えるようにする

公開: 2014-04-20 04:21
更新: 2016-04-29 06:02
Google AppsもWindows Liveも無償提供が終了してしまいました。
独自ドメイン(カスタムドメイン。appstars.jp的な)でメールを送受信したいんだけど...何か代替案ないかしら。

そんなわけで今日は、
無料で利用できるZohoメール(ゾーホーメール)を使って、独自ドメインのメールが使えるようにしてみます。


以下3ステップで進めていきます。



1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成

Zohoメールのサイトにアクセスします。
なんだか安っぽさが漂いますが、 それはスルーします。
1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成
右上に「サインインはこちら」とあるのでそちらをクリック。
もしくはこちらをクリック。
1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成
するとこんなページ。
「新しいZohoアカウントを作成する」をクリック。
1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成
必要な情報を入力しましょう。
ここで入力するメールアドレスはすでにあなたが持っているアドレスです。
(どうせYahooかGmailだと思います。)

入力したら「登録」ボタンをクリック。

1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成
なんか、一瞬「登録完了!メール送ったよ!」的なページが出たあとにこちらのページにリダイレクトします。

ここでプランを選択します。
もちろん一番右の無料プラン(LITE*)を選択します。
1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成
1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成
するとこんなページ。
だんだん説明なんか要らないんじゃないかと思えてくるほど優しい設計。

ここで今回あなたが設定したい独自ドメインを入力します。
あっきぃはこのブログのドメインである「appstars.jp」を登録してみたいと思います。

appstars.jpと入力して、「ドメインの追加」をクリック
1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成
「おめでとございます!」と言われます。
こちらは「ありがとうございます!」と入社1年目の4月の気持ちで返しましょう。これでアカウントの作成は完了です。

続いて「ドメインの認証を続ける」を押してドメインの認証をしましょう。


あ、
その前にZohoからこんなメールが届いているので、メールアドレスの認証をしときましょう。

(これで本当にアカウントの作成完了ね)
1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成
1.Zohoメール(ゾーホーメール)のアカウントを作成



2.ドメインの認証

「本当にあなたそのドメインの保有者なの?」とZohoが疑ってくるので、認めさせてやりましょう。

認めさせる方法は3種類あります。
①CNAMEレコードを使用する方法
②TXTレコードを使用する方法
③HTMLを使用する方法
です。

ホームページもやってるんだ。って方は③がおすすめ。それ以外の方は①か②でやりましょう。まぁ全員①でもいいです。

全て説明していきます。


①CNAMEレコードを使用する方法

CNAMEレコードを使用する方法
このz*****の値とzmverify.zoho.com値をCNAMEに追加します。
CNAMEレコードを使用する方法
こんな感じ。お使いのサービスによって画面の表示は異なりまする。
ドメインの管理ページからこんなようなところをいじるところがあるのでそこで入力してください。

ちなみにお名前.comだと、
「ドメイン設定」>「ネームサーバーの設定」>「DNS関連機能の設定」>「DNSレコード設定を利用する」かな。

ムームードメインだと、
「ドメイン管理」>「ムームーDNS」から設定出来ると思われまする。


②TXTレコードを使用する方法

TXTレコードを使用する方法
①とほぼ同じ。空白(空白が入力できない場合は@)に、
zoho-verification=zmverify.zoho.comってな値をTXTレコードとして追加します。
TXTレコードを使用する方法
こんな感じ。お使いのサービスによって画面の表示は異なりまするぽん。


③HTMLを使用する方法

HTMLを使用する方法
書いてある通りで、HTMLファイルをダウンロードしてホムペから、
appstars.jp/zohoverify/verifyforzoho.htmlでアクセスできる位置に置くだけです。簡単です。


①②③のどれかを設定したら下の方にある「認証」を押しましょう。
※①②の場合はしばらく時間を(1時間ほど)あけないと反映されない場合があります。
ドメインの認証
認められると「疑って悪かった。今日から俺たちは友だちだ。」的な画面に遷移します。
ドメインの認証
ここで管理者のメールアドレスが作成できます。
あっきぃはあっきぃなのでaki@appstars.jpを管理者としてみます。

「Create Account」をクリック。これで認証の完了です。



3.ドメインの設定

MXレコードの追加をします。ZohoのMXレコードは次のようになっています。
ホスト名アドレス優先度
@mx.zohomail.com10
@mx2.zohomail.com20
こちらをドメインの管理サービスから設定してあげましょう。
設定するとこんな感じです。お使いのサービスによって画面の表示は異なります。
ドメインの設定
お名前.comだと、
「ドメイン設定」>「ネームサーバーの設定」>「DNS関連機能の設定」>「DNSレコード設定を利用する」で、

ムームードメインだと、
「ドメイン管理」>「ムームーDNS」から設定出来ると思われますん。


これにて設定完了です。
※設定の反映までに1時間ほどかかる場合があります。

しばらくしたら、Webメーラにアクセスしてみましょう。
そしてメールを設定した独自ドメインなメアドに「やっほー」とメールを送ってみましょう。
ドメインの設定
届いてますね。
これにて完了です♪


この記事をシェア
この記事へのコメント(3)
1: 世知辛い世の中: 2015/09/01(火) 21:32:07 ID:rdj7UT
Outlook.comからの移転組です。お名前.com + ZOHOで難なく移転できました。
ありがとうございました。
2: あっきぃ: 2015/09/05(土) 00:20:37 ID:fcUa0q
>>1
お役に立てて良かったです!
3: 素人ですみません: 2016/04/07(木) 20:32:20 ID:SEzjZF
今新しいアドレスを追加し、outlookで利用していた旧アドレスも移行しようとしています。まさにMXレコードを修正しようと思っているのですが、outlookで受信したメールなどはどうなるのでしょうか?まさか消えてしまいますか?困っています。
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。