Apple、新プログラミング言語「Swift」を発表

公開: 2014-06-03 20:30
更新: 2016-04-29 06:02
Appleが6月3日のWWDCにて新しいプログラミング言語「Swift」を発表しました。
Objective-Cに置き換わるAppleのプラットフォームの開発言語となるようです。



Swiftの特徴

Swiftという単語自体は、ツバメとか素早いとかの意味があります。
マーズランキングで言うと15位なので武器の携帯が許されます。
Apple、新プログラミング言語「Swift」
ガチな特徴としては
・関数ポインターを統合
・タプルおよび複数戻り値
・Generic
・rangeまたはcollectionにおける高速で簡潔な反復
・構造体でメソッド、エクステンション、プロトコルをサポート
・関数型プログラミングパターン。マップ、フィルター等
Apple、新プログラミング言語 Swift を、iOSおよびOS Xアプリ開発用に提供 | TechCrunch Japanより

があげられるそうです。


何を言っているかわからないと思うので、
こちら↓に爆速でまとめている方がいましたので参考にどうぞ。
[iOS] 新言語SwiftがObjective-Cよりも良いところ - Qiita


公式ドキュメントはこちら。
Welcome to Swift


コードの変更の影響を
リアルタイムで確認できる「Playground」というXcodeの最新機能を用いて早速コーディングしている動画もあります。

ではでは。


この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。