なぜ人間は弱者を守るのか

公開: 2014-09-08 21:26
更新: 2016-04-29 06:02

Yahoo!知恵袋に投稿された「人間はなぜ弱者を抹殺しないで保護するのか」に対する回答がなるほど納得。
⇒ 弱者を抹殺する。不謹慎な質問ですが、疑問に思ったのでお答え頂ければ... - Yahoo!知恵袋

yahoo知恵袋

回答が長いので要点をまとめておきます。
なぜ弱い存在を人間が保護するのか。




自然界は弱肉強食ではない

自然界の掟は、個体レベルでは「全肉全食」で、種レベルでは「適者生存」である。
「適者生存」は「強い者」ではなく「適した者」が生き残る。




人間の生存戦略は「社会性」

人間は高度に機能的な社会を作り、その互助作用でもって個体を保護していく「社会性」を生存戦略にしている。
「優秀な遺伝子」は存在などせず、ある特定の環境において有効な遺伝子が残る。
多くの可能性を残すために様々な遺伝子を保護する必要がある。




弱者が弱者を守る

個では弱い存在が「協働」することにより生存していくことが我々人間である。




いかがですか。
質問者が言っている「弱者」は弱者ではなく、
全ての人間が弱者であり、可能性である(故に守る)という意味なんですね。



詳細はこちらから確認できます。
⇒ 弱者を抹殺する。不謹慎な質問ですが、疑問に思ったのでお答え頂ければ... - Yahoo!知恵袋



この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。