【水泳】バタフライのメリットについて考える

公開: 2014-11-06 16:01
更新: 2016-04-29 06:02

どうもこんにちは。
ダラダラの実を食べた能力者です。もちろん泳げないです。

今日も能力をフルに生かし、
こたつでせんべいを食べながらボーッとしてるわけですが、ふとこんなことを考えました。



バタフライの泳法としてのメリットは何だろう。

正直覚えるの難しそうだし、すごく体力消耗しそうだし、
一体何が良くて、彼らはバタフライというものをしているのだろうか。
ただバタフライという名のナルシズムに酔いしれているだけではないのだろうか。


そんな時はGoogle先生に相談だ!
という時代に慣れすぎないために自分で考えてまとめてみます。

15秒ほど考えると3つのメリットが浮かび上がりました。




メリット1 正面が見える

実際マジで泳げないから分からないんですが、
クロールとか背泳ぎって正面見えないですよね。(首をグイッてやったら見れるのかしら。)
その点クロールは正面を見ながら泳げます。障害物があっても痛い思いをしなくて済むのです。




メリット2 そこそこ速い

クロールと比べるとどうかも分かりませんが、平泳ぎよりは速いはずです。
平泳ぎと組み合わせれば正面を見ながら緩急をつけた動きができます。




メリット3 飛翔白麗が打てる

いわゆる一つの奥義です。(北斗の拳コミック10巻より)
バタフライで正面に腕を回したときに水面を叩いて「ふん!!」

【水泳】バタフライのメリットについて考える

両肩をバスーンです。




まとめ

「バタフライは正面が見える泳ぎ方の中で一番速く、一番攻撃力が高い。」



なるほど納得。


この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。