XcodeでFacebookAppIDとかをDebugとReleaseで分ける方法

公開: 2013-06-25 01:24
更新: 2016-04-29 06:02
iPhoneアプリを開発してFacebookやTwitterと連携するなんてもう日常茶飯事。
認証する際に開発環境と本番環境でFacebookAppIDとか分けなきゃと常日頃思っていることでしょう。

※いま「つねひ」を「じょうじつ」と読んだあなたはこの記事をシェア。

最初は#ifdefとかで分けてたんですけど、
どうも「スッキリしないなー」と思って色々試していたらたどり着きました。


そうだUser-Definedを使おう!


ってとこに。こんな感じです。
スッキリ!
見ためもスッキリしていい感じ。
Build Settingsに移動して、右下にある「Add Build Setting」を押すと追加できます。

直接User-Definedを読んでもいいのですが、
あっきぃさんの場合は-Info.plistにこのように追加し
ふんふん
そして
[[NSBundle mainBundle] objectForInfoDictionaryKey: @"GoogleAnalyticsTrackingID"]
でとってきてます。

もっといい方法とか質問があれば教えてくださいまし〜♪
ではでは♪

この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。