なぜドーピングで打率が上がるのか

公開: 2014-11-23 16:27
更新: 2016-04-29 06:02

ふと疑問に思ったことはありませんか。
何故、ドーピングで筋肉を増強させた野球選手の打率が上がるのか。



その答えが嘘食い35巻に紹介されていました。




答えは「眼筋」

つまり目のまわりの筋肉のこと。

なぜドーピングで打率が上がるのか



「眼筋」は「動体視力」に直結する

眼筋の強さ、素早さはそのまま動体視力に直結している。
そしてこの眼筋は鍛えるのが難しく、また衰えやすい筋肉である。




物理的なパワーで球は打てないが、
筋力を増強させる理由が「眼筋」にある。というわけです。



⇒ 嘘喰い 35 (ヤングジャンプコミックス) (Amazonへ)


この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。