PHPでYouTube Data API v3を使ってみた

公開: 2015-01-20 17:44
更新: 2016-04-29 06:02

こんにちは。最近リンゴジュースがおいしいあっきぃです。
今回はYouTube Data APIが無性に使いたくなったのでPHPで使ってみたいと思います。



1.プロジェクトの作成

まずはGoogleのAPIが使えるようにプロジェクトを作ります。

Googleデベロッパーコンソールに移動

⇒ Google Developers Console

あああ




2.APIの認証

先ほど作成したプロジェクトを選択し、
メニューの「API」から「YouTube Data API v3」をONにします。

あああ

次にメニュー「認証情報」へ移動し、

新しくクライアントIDを作ります。

あああ

今回はサービスアカウントを選択します。

あああ

作成すると秘密キーがダウンロード&秘密キーのパスワードが表示されます。

あああ

ダウンロードした秘密キーをクリックし、
表示されていたパスワードを入力してください。

あああ

常に信頼を選択

あああ

これで無事にクライアントIDが作成されると思います。

あああ




3.Google API PHP Clientの用意

Githubに上がってます。

ダウンロードするかクローンしてください。

⇒ google/google-api-php-client



あと先ほど入手した秘密キーもサーバにアップロードしてください。

(一般人がアクセスできない場所に)





4.実装

とりあえず猫を検索してみたいと思います。

次のようなコードを書き実行します。

//Googleさんの読み込み
require_once('google-api-php-client/autoload.php');

//ファイルとかキーとか
$client_id = '97734682434322-hfewoiyfwehi614gieiuwefcw.apps.googleusercontent.com'; //クライアントID
$service_account_name = '97734682434322-hfewoiyfwehi614gieiuwefcw@developer.gserviceaccount.com'; //クライアントIDの下のメアド
$key_file_location = 'keys/hogehoge-912681623ab2.p12'; //秘密キーまでのパス

//クライアントの読み込み
$client = new Google_Client();
$client->setApplicationName('YouTube Test');
$key = file_get_contents($key_file_location);
$cred = new Google_Auth_AssertionCredentials(
        $service_account_name,
        array('https://www.googleapis.com/auth/youtube'),
        $key
);
$client->setAssertionCredentials($cred);

//YouTubeをいじるヤーツ
$youtube = new Google_Service_YouTube($client);

//猫ちゃんを検索してみよう!
$searchResponse = $youtube->search->listSearch('id,snippet', array(
        'q' => '猫',
        'maxResults' => 10,
));

echo '<pre style="font-size: 10px;">';
print_r($searchResponse);

すると結果は

あああ

よい感じです。


メソッドの一覧やプロパティの詳しい情報はこちらから。

⇒ YouTube Data API の概要 - YouTube — Google Developers


にゃおーん。



この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。