Xcode6でフォントを追加する

公開: 2015-02-27 11:39
更新: 2016-04-29 06:02

あっきぃです。

実は本名もあっきぃです。


突然寝てる間にXcodeを起動し、
こんなコードを書きました。

UILabel *lb = [[UILabel alloc] init];
lb.font = [UIFont systemFontOfSize:22.5];
lb.text = @"あぷすたというBlog";
[lb sizeToFit];
lb.center = CGPointMake(self.view.frame.size.width/2,self.view.frame.size.height/2);
[self.view addSubview:lb];

実行するとこんな感じ。

Xcode6でフォントを追加

うーん。なんでしょうね。

なんとなくですが、フォントを変えたくなります。




Xcode6でフォントを追加

おや?

こんなところにフォントファイルが。




Xcode6でフォントを追加

追加してみましょう。

「Add to targets」にチェックを入れるのを忘れずに。

Xcode6でフォントを追加

そしたら「Info.plist」>「Fonts provided by application」にそのフォントファイルの名前を書き足します。

Xcode6でフォントを追加

さっきのフォントの中身を見てみましょう。

ダブルクリックするとこんな画面が出るのでインストール。

Xcode6でフォントを追加

そしたらフォント一覧が出ると思います。

先ほどのフォントを選択し、左上の「i」マークを選択。(もしくはcommand+i)

Xcode6でフォントを追加

そうすると「PostScript 名」なんてものがあります。これを暗記しましょう。



暗記したら先ほどのコードをちょっと変えます。

UILabel *lb = [[UILabel alloc] init];
lb.font = [UIFont fontWithName:@"NotoSansCJKjp-DemiLight" size:22.5]; //ここにPostScript名
lb.text = @"あぷすたというBlog";
[lb sizeToFit];
lb.center = CGPointMake(self.view.frame.size.width/2,self.view.frame.size.height/2);
[self.view addSubview:lb];

実行してみましょう。

Xcode6でフォントを追加

変わりましたね。

なんかいい感じです。



ではでは。



この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。