Xcode7 The identity used to sign the executable is no longer valid. とかエラーが出てきたので

公開: 2015-10-10 01:54
更新: 2016-04-29 06:03

Xcodeが7になりました。

早いものです。あっきぃはXcode5くらいからお世話になってます。

そんなあっきぃのレベルはまだまだ1です。(そう考えると毎年新しいの出すってかなりすごいよね。)


Xcode7で実機にてビルドしようとするとなんか見たことあるエラーが。

The identity used to sign the executable is no longer valid.

The identity used to sign the executable is no longer valid.

Please verify that your device’s clock is properly set, and that your signing certificate is not expired. (0xE8008018).


直訳すると...

実行可能ファイルに署名するためのIDの有効期限が切れています。

お使いの端末の時計が正しいか、証明書の有効期限が切れていないか確認してください。( 0xE8008018 )



だそうです。確かXcode6時代にもぶつかりました。

Xcode6の時はアカウントのところに魔法のボタンがあるからそれを押せば良かったはず。

The identity used to sign the executable is no longer valid.

左上のメニューのXcode > Preference

The identity used to sign the executable is no longer valid.

右下のView Details...

そして...ないじゃないか!



The identity used to sign the executable is no longer valid.

てなわけなんか横に「Reset」とか色々書いてあるので適当に押しまくる。

ぽちぽち...



その後めちゃくちゃビルドが通った。

The identity used to sign the executable is no longer valid.

うーむ。どうも解決方法がスッキリしない。

(まぁそもそもここら辺の理解が無いからだけども。)


それでもダメな場合はcertificatesなどを作り直してみるか、ここらへんの仕組みをよく勉強するのが良さげ。

⇒ iOS Certificates (Development) - Apple Developer



この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。