さくらVPSにSSLを登録する 前編

公開: 2015-11-04 00:26
更新: 2016-04-29 06:03

どうもみなさんこんにちは。

最近なぜか肩幅が広くなった気がするあっきぃです。

そのためか、昨日、狭い路地を歩いていたらはまってしまい身動きが取れない状態になり、今ブログを書いています。



案の定嘘で、
今日はさくらVPSでSSL通信が出来るように頑張ってみたいと思います。



まずは真面目な企業が発行するSSL証明書を手に入れましょう。

コスパのよさそうなSSLボックスさん経由で手に入れます。

⇒ SSLボックス

さくらVPSにSSLを登録する

(↑上記のリンクから登録すると恋愛運がアップするよっ)



いろいろな種類があるそうで、迷ってしまいそうですが、

サブドメインでも可能なワイルドカードの値段が高いのと、松竹梅の法則*に騙されて「SecureCore」で行こうと思います。

(*低、中、高の3種類の値段を用意されると心理学的に中の値段を選んでしまう法則。そのため利益率が高いものを中に設定することが多い。)
さくらVPSにSSLを登録する


1.Netowlに登録する

まずは会員登録します。SSLボックスってNetowlって会社がやってるんですね。

さくらVPSにSSLを登録する

新規会員登録をポチッと押した後、

仮登録用のメアドを入力する欄があるので、そこにメアドを入力してポチッ

さくらVPSにSSLを登録する

すると爆速で「確認ID」が記載されたメールが届くので、

同じページ内の下の方に入力して「登録フォームへ移動」をポチッ

さくらVPSにSSLを登録する

会員IDやニックネームを入力します。

あっきぃはここでニックネームが8回かぶりました。

(その都度パスワードとチェックボックスを再入力)

さくらVPSにSSLを登録する

完了すると上のようなメンバー管理ツールに移動します。

これでネットオウルに登録完了です。




2.SSLBOXを新規取得する

証明書を取得します。

ネットオウルの管理画面に入り、左側のSSLBOXのメニューから「新規取得」を選択。

さくらVPSにSSLを登録する

今回はさくらVPSに入れてみるので、右側の「その他のサーバーで利用する」を選択します。

するとこんな画面へ

さくらVPSにSSLを登録する

はじめてなので、決済情報が未入力です。

上部にある「決済情報の登録」から住所などを登録します。家に住んでない人には厳しい現実です。


それが済んだら、「SSL種別」「取得年数」などを選択。

今回は「SecureCore ドメイン認証SSL」で「3年」で、3888円。

8がいっぱいついていて縁起が良さそうですね。1年1300円弱なのであっきぃの経済力でもなんとか払えそうです。


暗証番号などを入力したら「決済確認画面へ進む」を押します。

さくらVPSにSSLを登録する

すると怒られます。

どうら先払いでポイントを購入するらしいです。

「プリペイドを購入する」から銀行振込、コンビニ、クレジットカード支払いなどから必要なポイントをチャージしましょう。

さくらVPSにSSLを登録する

あっきぃはクレジットカードから。

すでに必要な金額3888円が入力されていました。優しい。



チャージが完了したら、再度SSLBOXの新規取得を行います。

先に言っとけよと思ったそこのあなた。その通りです。ごめん。

さくらVPSにSSLを登録する

再度同じ値を選択して、金額を確かめて、
決済確認画面に進んで...

さくらVPSにSSLを登録する

問題なさそうならば

「決済を確定する」を選択!

さくらVPSにSSLを登録する

わーい!決済完了!地味だ!

その下に「引き続き取得申請を行う」とあるのでこれを押してみましょう。




3.証明書発行の申し込みをする

さぁいよいよ、証明書を発行してもらいます。

なんだか訳の分からない入力欄が出てきますがようやくVPS上での作業が発生します。

さくらVPSにSSLを登録する

と行きたいところなのですが、

記事がだいぶ長くなった(というか画像が多い)ので一旦ここで切ります。


続きはこちら

⇒ さくらVPSにSSLを登録する 中編



この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。