Yosemiteで日本語入力が遅すぎるので予測変換を切る

公開: 2016-02-06 20:58
更新: 2016-04-29 06:03

どうもこんにちは。あっきぃです。


あっきぃはピュアで純粋です。
なので「今欲しいものは何ですか?」という質問に対し、
「圧倒的な金と名誉と地位」と答えています。素敵な人ですね。



さてとぽてとスプリングポテト。

Yosemiteに変えてからかなんだか日本語の入力が遅いです。遅過ぎまする。速くすべっきーです。

主に英語なプログラミングだと気にならないんですが、誰も見てくれないこのブログを得意の日本語で書いてるとムカムカして国産牛のサーロイン500gをいきなりステーキで食べたくなります。(5000円相当)

流行らないライブ変換は切ってあるので、原因はこいつです。

Yosemiteで日本語入力が遅すぎるので予測変化を切る

予測変換ってやつ。



ということで「左上のリンゴマーク」 > 「システム環境設定」 > 「キーボード」へ移動し次のチェックを外しましょう。

(日本語の入力ソースを選択)

Yosemiteで日本語入力が遅すぎるので予測変化を切る

「予測変換」ではなく「推測候補表示」でしたね。


まぁ案の定、予測変換が出てこなくなりますが、
そっちのデメリットよりも速く打てるメリットの方があっきぃにとっては大きいです。

(日本語を思い出す良いきっかけにもなりそう!)



ではでは。



この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。