By Hoshino

0

ゼロハリバートンのiPhone6用ケースがカッコいい

高級でカッコいいアルミのスーツケースやアタッシュケースなどでおなじみの 「ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)」 そんなアルミに扱いに長けまくってるゼロハリからiPhone6用のケースが出ました。 シンプルですが洗練されたデザインが美しいです。 もちろん頑丈。 ⇒ ZERO HALLIBURTON for iPhone6 Silver iPhone6 ケース(Amazonへ)

View More

By Hoshino

0

Objective-C 指定したディレクトリ以下の全ファイルを表示

こんにちは。 最近なんだかまた生命線が濃くなった気がするあっきぃです。 無駄な動きで生傷ばかり増やしているので、なんか疲れるお仕事ください。よろしくお願いします。 (傷もすぐ治るよ!) さてさて 今日はこんな関数を用意しました。 +(NSArray*)allFilesOfDirectroyAtPath:(NSString*)dirPath{        NSMutableArray *dirs = [NSMutableArray array];        NSMutableArray *files = [NSMutableArray array];        NSFileManager *fileManager = [NSFileManager defaultManager];        NSError *error;        NSArray *list = [fileManager contentsOfDirectoryAtPath:dirPath error:&error;];        for(NSString *name in list) {                NSString *fullPath = [dirPath stringByAppendingPathComponent:name];                BOOL isDir;                if ([fileManager fileExistsAtPath:fullPath isDirectory:&isDir;]) {                        if (isDir) {                                [dirs addObject:fullPath];                        } else {                                [files addObject:fullPath];                        }                }        }        for(NSString *subDirPath in dirs) {                NSArray *subFiles = [self allFilesOfDirectroyAtPath:subDirPath];                [files addObjectsFromArray:subFiles];        }        return files;} 指定したディレクトリ内の全ファイルをフルパスで取得する関数です。 再帰的に呼び出しているのがポイントですね。 使う時はこんな感じ。 NSString *libPath = [NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSLibraryDirectory, NSUserDomainMask, YES) objectAtIndex:0];NSArray *files = [MYClass allFilesOfDirectroyAtPath:libPath];NSLog(@”%@”, files); 結果はこんな感じ (        “/var/mobile/Containers/Data/Application/123CAD20-DEFE-9922-DADE-A12608D099EE/Library/Caches/JMCache/JMImageCache-2802983090”,        “/var/mobile/Containers/Data/Application/123CAD20-DEFE-9922-DADE-A12608D099EE/Library/Caches/JMCache/JMImageCache-3419541678”,        “/var/mobile/Containers/Data/Application/123CAD20-DEFE-9922-DADE-A12608D099EE/Library/Caches/JMCache/JMImageCache-3911839920”,        “/var/mobile/Containers/Data/Application/123CAD20-DEFE-9922-DADE-A12608D099EE/Library/Caches/JMCache/JMImageCache-4019589813”,        …) あるとたまに便利。

View More

By Hoshino

0

PCをiPhoneから遠隔操作できる「Chromeリモートデスクトップ」を試してみた

誰でも簡単にiPhoneで自分のPCを遠隔操作出来るアプリがGoogleから出ました。 その名も「Chromeリモートデスクトップ」 ってなわけでさっそくiPhone→MacBookで試してみましょう。 1.PC側でリモートデスクトップのインストール PCの方の準備をします。 まずはお使いのGoogleChromeにこちらのアドオンを入れます。 ⇒ Chrome リモート デスクトップ(Chromeウェブストアへ) 「無料」をクリック 「追加」をクリック 入りました。 2.PC側でGoogleChromeにログイン GoogleChromeにログインします。 すでにログイン済みの方はこの作業は必要ありません。 メニューから「Chromeにログイン」を選択 IDとパスワードを入力してログイン アカウントがない場合は新規作成してください。 3.PC側準備 GoogleChromeのアプリ一覧(chrome://apps)から「リモートデスクトップ」を選択してください。 ブラウザからPCにアクセス出来るんなんてのにはやっぱり許可が要ります。 安心のGoogleなので許可しましょう。 許可するアカウントを選択 「2.PC側でGoogleChromeにログイン」でログインしたIDです。 (ブラウザにログインする必要ないカモ。) つらつらと何かが書いてあります。 よく読んだ気になって「承認する」をクリック するとこの画面に。 他の人と画面共有する機能もあるみたいですが、 今回は「マイ パソコン」の方の「利用を開始」します。 「リモート接続を有効にする」をクリックしてください。 するとアプリがダウンロードされます。 ダウンロードした「chromeremotedesktop.dmg」をクリック。 こんなのが出てくるのでダブクリ (ダブルクリックのことだよ!) 「Chrome Remote Desktop Host」ってのをインストールするようです。 「続ける」を連打。 インストールしたら、ブラウザに戻ってOKを押すとPINの作成が求められます。 お好きなPINコード(数字6桁以上)を入力し「OK」を押しましょう。 すると先ほどちゃっかりインストールした「Chrome Remote Desktop Host」からPINコードを求められます。 今まさに入力したPINコードを入力してください。遠隔操作できるようになります。 PCの準備が完了しました。 もしお出かけ先から遠隔操作する場合は、PCがスリープにならないように注意して下さいとのことです。 4.iPhone側の準備 iPhone側の準備をします。iPadでも大丈夫です。 こちらのアプリをインストールしてください。 ⇒ […]

View More

By Hoshino

0

1分間に330文字打てるキーボード「StenoWord(ステノワード)」

テレビのリアルタイム字幕や速記に使われる1分間に330文字も打てるキーボードStenoWord(ステノワード) (画像元:http://www12.ocn.ne.jp/~sokkidou/t10/) 主に入力はこの列のみ 意味不明ですが、左側が子音、右側が母音となっているようです。 詳しい説明と実際に入力している動画があります。 つまることこのキーボードを使いこなせる人がすごい。 圧倒的なスピードです。速いな本当に。 ちなみにこのステノワードは一般には販売されておらず、日本に数校しかない専門学校が取り扱っているようです。 ⇒ スピードワープロ

View More

By Hoshino

0

Manifest.lock: No such file or directoryとかPods-resources.sh: No such file or directoryとか出るとき 【Xcode】【Pod】

こんにちは。最近、起床時間が最大12時間ずれるあっきぃです。起きたら夜の7時だった時の絶望感はやみつきです。ぺろり。 さてさてiPhoneアプリを開発するためにXcodeちゃんでPodを使っているのですがこんなエラーが diff: /../Podfile.lock: No such file or directorydiff: /Manifest.lock: No such file or directoryerror: The sandbox is not in sync with the Podfile.lock. Run ‘pod install’ or update your CocoaPods installation. まぁよくある現象で、再installすれば直ることが多いみたいですが、それでも直らない方へ 1.Manifest.lock: No such file or directoryと出る場合 Configurationsの設定が「None」になってるカモ。 Project > Info > Configurationsのところを確認しましょう。 「None」になってたら「Pods」を選択しましょ。 そしたらこんなエラーが出たよという方 Pods/Pods-resources.sh: No such file or directory 2.Pods-resources.sh: No […]

View More

By Hoshino

0

command not found: lsとか出てしまったら

MacのOSXにて、環境変数のPATHにちょろっと追加しようと思ったのですが、 export PATH=/usr/local/git/bin:$PATH とするのを誤って export PATH=/usr/local/git/bin:$path こうしてしまいました。(最後の大文字のPATHが小文字のpathになってるよ!) PATHの中身は $ echo $PATH/usr/local/git/bin:/Applications/wxMaxima.app/bin:/Applications/gnuplot.app:… こんな感じでpathは $ echo $path/usr/local/git/bin /Applications/wxMaxima.app/bin /Applications/gnuplot.app … こんな感じで、ディレクトリのパスを「:」で区切っているか「 」スペースで区切っているかの違いがあるようです。 そんなわけで、lsもvimも使えなくなりましたーっひゃっほーっ $ lszsh: command not found: ls そんな時はフルパスでコマンドを実行しよう! 誤った変更を加えた.zshrcを編集したいのでvimを起動 $ /usr/bin/vim .zshrc sourceはshell built-in commandなのでいつでも使えます。 $ which sourcesource: shell built-in command $ source .zshrc よっしゃこれで直る! と思ったのですが直らず、ターミナルを再起動したら直りました。 (なんでだろ) めでたし、めでたし。

View More

By Hoshino

0

シンプルな湿度計

乾燥の季節です。 湿度計が欲しくて探していたのですが、温度計とか時計と一緒だったり、デザインがごちゃごちゃしてたり。「シンプルでインテリアっぽくてお値段も手頃なものなんてないのかしら。」 と思っていたらありました。 シンプルに湿度計のみ、デザインもシックでいい感じそしてお値段も1500円くらいといい感じっ こんなん探してたって方多いはず。 ⇒ EMPEX (エンペックス) 湿度計 MONO MN-4824 ブラック(Amazonへ)

View More

By Hoshino

0

【Xcode】 Please verify that your device’s clock is properly set, and that your signing certificate is not expired. (0xE8008018).とか出たら。

Xcodeをビルドしたら Please verify that your device’s clock is properly set, and that your signing certificate is not expired. (0xE8008018). ってなエラーが。 おそらくアメリカ大陸の言語だと思われます。そして意味はおおよそ「デバイスの時間がずれているまたはプロビジョニングファイルの有効期限が切れている。」といったところでしょう。 デバイスの時間設定は間違っていないので、なんかそんなようなファイルの有効期限が切れてしまったのだと思います。 Xcode4,5の時はここらへんのエラーで大変時間をとられたのは、今となっては良い思い出です。そしてXcode6からは優秀でもろもろ勝手にやってくれます。すこし寂しいです。 1.Preferencesを選択 左上のメニューから「Preferences…」を選択 2.AccountsタブからView Details Accountsのタブから、「View Details…」を選択 3.更新マークを押す クルクルを押します。 これで直っちゃう(はず)。 便利な時代になったもんだ。

View More

By Hoshino

JPEGの半分のサイズなのに高品質な画像形式「BPG」

「BPG」という新しい画像フォーマットが誕生しました。 JPEGと同じ品質をその半分の容量で実現できてしまう優れもの。 左がBPGで右がJPEGでほぼ同じサイズです。すごい。 まだブラウザが対応していないので実際使うにはJavaScriptが必要だそうです。 開発したのはフランスのプログラマFabrice Bellard(ファブリス ベラード)さん42歳。FFmpegやQEMUの開発者でもあります。 ちなみにBPGは「Better Portable Graphics」の略。(いいネーミングセンス!) ⇒ BPG is a New Image Format That Wants to Replace the JPEG with Equal Quality at Half the Size

View More

By Hoshino

0

発想が新しい 椅子に取り付けるスタンディングデスク「StorkStand」

「スタンディングデスクを導入したいけど、専用の机を入れるには場所がちょっとないし、今のデスクはそのまま使いたいなー」 そんな要望に応えてくれるスタンディングデスク「StorkStand(ストークスタンド)」です。 なんと椅子に取り付けるタイプのスタンディングデスクです。 机があれば椅子もあるので、余計に場所を取ることはないですし、椅子に付ければキャスターで移動もできるし、自分の好みの高さに調節もできてしまう分けです。 取り付けなければ普段はただの板なので、気分に合わせて切り替えることもできる優れもの。 動画もあります。 現在公式サイトで予約受付中です。 ⇒ StorkStand – The healthy affordable standing desk that attaches to your chair.

View More