【FuelPHP】Templateの変更方法

公開: 2013-09-21 03:16
更新: 2016-04-29 06:02
FuelPHPにTemplateコントローラという便利なものがあります。
この記事を書いているあっきぃさんにはそういう便利な機能はありません。

「スマホとPCでベースとなるTemplateのViewファイルを変更したいなー。あと善行積みたいなー」

なーんて
FuelPHPを使っていると誰もが考えると思います。
この記事を書いているあっきぃさんは考えなかったです。

調べたんですが、
あまりピンとくる方法がなかったのであっきぃ流の方法を載せておきます。

こんな感じです。
class Controller_Aki extends Controller_Template
{
        //デフォルトのテンプレートのViewファイル
        public $template = 'pc/template';

        public function before()
        {
                //モバイルだったらテンプレートを切り替えるよん
                if(Agent::is_mobiledevice()) {
                        $this->template = 'sp/template';
                }
                parent::before();
        }
}
$templateにテンプレートのViewファイル名を指定すると変更できるようです。

簡単ですな♪
意外と知らない人が多いような気がしなくもなくもないです。
あとはviewsの中にテンプレートとなるviewを設置しておくだけですね。上のコードに合わせるとこんな感じかしら。
お寿司おごってちょー
参考になればと。

ではでは♪

この記事をシェア
この記事にコメントする
書き込む
あっきぃ(@appstars_aki)
Web、iOSなフリーランサーです。好きなものはお寿司です。でもお寿司は高いので普段は雑草とか拾ったドングリを食べています。お仕事や意味もなく毎月お小遣いをくれる人を探してます。

お仕事の依頼や自分で作ったアプリのレビューを希望しちゃう方はaki@appstars.jpまでご連絡ください。